愉しみ ('16.01〜’16.06)

ひとり……

私は基本的に洋服やカバンはひとりで買いに行く事が多いのですが
昨年当たりからは、ひとりでUSJや映画にも行くようになりました。

USJに関して言えばまだ年に2回程で大半をみんなと行きます。

大勢で行くと盛り上がるし、共感もできてとても楽しいのですが、
ひとりですきな場所で写真を撮ったり、
パフォーマンスをみるのはなかなかいいものです。

先日の映画はお客が私ひとりきりで
ちょっと申し訳ない気持ちになりました(笑)


まだひとり旅は出来ませんがいつかひとり旅もしてみたいと思います。


〜2016.01〜 

休日の朝

暖かいお正月から一転、
成人式を迎えたあたりから、さすがに寒波が厳しいですね。


しかし、この寒さのお陰で、普段以上に幸せを感じるのが、
あったかいお風呂とあったかい蒲団の中。

毎朝、蒲団から離れがたい気持ちを、エイヤーと一蹴している私も、
休日の朝は違います。

目覚めた時に
「今日は、休み!まだ蒲団の中にいれる!」・・・この瞬間が最高に幸せです。

ぬくぬくとした蒲団の中で幸せ気分に包まれて、まどろみながら、
つい二度寝してしまいます。
次に目覚めるのは、日の出の頃です。

まどろんでいるときは、身体も心も一番リラックスしていて、
誰もが夢心地になれますよね。

微睡む(まどろむ)と書く程です。
その時間は、わずか数分程度の事なんでしょうけど、そのまま寝入ってしまうのが恐い臆病な私は、休日の朝まで、たのしみを残してます。


お楽しみは後で。

〜2016.02〜 

味噌づくり

去年美味しくできたので、今年も味噌づくりをしました。


今年はもち大豆をつかってつくります。

もち大豆は兵庫県産らしいのですが、
私が購入したのはお隣の岡山県でつくられた大豆です。
甘さがありもっちりしていてお味噌つくりにもむいているようです。


あら塩に米麹を混ぜて、ゆでたもち大豆を混ぜていきます。
去年同様ジッパー付きの袋で育てます。


5月か6月頃まで時々混ぜながらじっくり待ちます。


去年より美味しいのができるのではと期待大です(笑)



発酵食品ブームにあやかって塩麹や甘麹(甘酒)もチャレンジしようと
思っています。


母から教わった柿酢(リンゴ酢のような少し甘めのマイルドな酢)や
キムチも継続中です。


10年位毎年3月は「いかなごのくぎ煮」を煮ています。
今年は1kgおいくらくらいでしょう?
砂糖は上白糖ではなくざらめを使います。

そろそろ準備しないとね。




〜2016.03〜 

先日、パートナーのYOKOと一緒に、昔の同僚が経営しているスナックへ、
陣中見舞に行って来ました。
カウンター7席程の小さなお店ですが、お客様が和気藹々としており、
仮に女性一人でも、全く違和感がないお店です。


スナックですから、いつしかカラオケタイムになります。
YOKOは歌がとても上手で、
昭和初期の古い歌から、最新の歌までよく知っています。
その時のお客様の年代にあわせて選曲する余裕さえもあります。

私も、水を差さない程度に、歌えそうな歌を披露するときもあるのですが、
今一つなんです。
なので、歌うのは、年に一度、会社の忘年会で、一,二曲歌うくらいです。

馬齢を重ねると、周りを気にしなくなるのか、
そろそろ、聞いていただく事を意識した歌ではなく、自分が歌いたくなるような歌を、一曲位見つけたいなぁと思ってました。
そんな想いで、待ち合わせの日、朝からYouTubeで検索していて出逢った曲が、中島みゆきさんの「糸」です。
歌詞を目でおいながら、涙が出てきて、「これだぁ!」

歌唱力がない私は、熱唱系の歌よりも、サラッと軽くの方が、
しっくりくるようです。
 覚えたてで、音程もあやふやでしたが、最初にマイクが回ってきた時に躊躇なく選曲、お開き前に勧められた時も、同じ歌を。

決して上手いわけではないですが、それなりに歌うことを楽しめました!!
次もまた、トライしてみます。

〜2016.04〜

布団干し

休日の朝、お天気の良い日のたのしみ・・・布団干し!

我が家の南側は壁になっているのですが、東側のバルコニーに屋根があり、
午前中は日当たりも良く、布団を干すのに最適なんです。


毎朝というわけにはいかないので、
休日の、しかも午前中の晴天はとても貴重です。
晴れていると早朝から布団の日光浴。


ふわふわになった布団を取り入れる時の幸せ、
その日の夜、布団に横たわった時の幸せ、
お日様の力って偉大ですね。


いよいよ梅雨入りし、布団干しのチャンスは減りますが、
それ故に、晴天に恵まれた時の幸せもひとしおです。

掃除、洗濯、料理、時間に急き立てられるように、
半ば義務感でしていたことも多く、いや、殆どがそうでした。

しかし最近は、
これら日常繰り返し行う行為の中に埋もれている喜びを再認識し、
そのささやかな幸せを織り込みながら、時を紡ぎ、
日々の暮らしを楽しんでます。


〜2016.06〜 
PAGE TOP